「あかん!!」 海外(香港)で飛行機に乗り遅れてしまった!!

海外で帰りの飛行機に乗り遅れた!!

最近はLCCによって格安に海外に行く事が可能です。中国、韓国、香港、台湾などへは、国内の新幹線より安い金額で行けたりします。

 

しかし、安い反面航空券の変更やキャンセルができないなど色々と制約が付きますので予約時に必ず確認しましょう。

 

さて今回経験したのは2泊3日の香港旅行で仲間4人での渡航ツアーではない。(私は初めての香港で初めてのグループ海外旅行です。※今まで一人旅主義でしたので)

 

旅程はすべてリーダーの方に一任している状況でした。

今回利用したのはPieach(ピーチ) 関空-香港線です。

 

さて早速ですが2泊3日の最終日の夜。18:45 仲間とバスに乗って空港へ向かっている最中ある一人が気づきました。

 

「あれ・・??  フライト19:05じゃない??  間に合わないんじゃ・・・」

 

(!!?? 一同膠着)

 

そしたらリーダーの方が再度予定表を確認すると、1時間間違えて20:05のフライト予定でプラン組んでいたとのこと。4人中2人はパニくってる様子でしたが、もう飛行機に間に合わないのであれば仕方が無い。空港付いて係の人と交渉か新たに購入するだけと割り切り一先ず空港へ。

 

 

空港に付くと既にPieachの受付カウンターは締まっており交渉できず(しまった!! 基本出発の2時間前とかあいて出発時間には締まるの忘れていた)。

 

しかたがなくサービスカウンターらしき所でPieachのコンタクトセンターの番号を教えてもらい連絡するも不出。

 

< 余談 >

私の場合、一人旅で乗り遅れた事はないが万が一の為に覚悟と頼り先を確認している。

大抵のクレジットカードにはコンシェルジュのようなサービスが有ったりする。今回も香港から日本へ国際電話をかけ、良い打開策を確認しまた他の航空会社を2.3社関空行きを教えてもらった。

 

 

なんだかんだしているとPieachとは別の航空会社の代理人?見たいな人が声をかけてきて関空行きのチケットがある!!と言ってきた。一人6万円。 この提案で余計にパニックになる一同。

検討の結果、次のPieachの深夜1:15発の便の予約を取る事にした、一人片道3万7000円ぐらい。まぁ仕方が無い。この金額でも安いくらいだと思った。

 

しかしここで別の方が焦りだす。さらに問題が発生したようす。パソコンかプログラムの影響かで10日の1:15発で予約したが最終購入後に表示した日にちは12日の1:15と日にちが間違っていた。

 

もうこの時点で、どうにでもなれー的な感じで思っている自分。12日でも自分は最悪大丈夫だが他の人は会社に出勤しなければ行けない。日にちの変更がネット上からできず、結論pieachの受付カウンターで相談する事に。

 

夜22:45 pieach受付カウンターにて、男性の方に説明をする。日本語は話せない。仲間内の一人が中国語で話をする(自分は中国語がわからないので何の話をしているか脈絡不明)所々男性スタッフが英語で説明する。

 

結論、変更する事は可能だが差額と受付カウンターで変更手数料が発生する。その合計が一人650香港ドル(9700円ぐらい)とのこと。

 

飛行機を乗り遅れた事による損害の一人頭の合計は約47000円ほど。他の航空会社の正規料金に比べれば格段に安いが、痛い出費に間違いない。(4人で19万円程)

 

今回を良い教訓として、次回に活かせる様にしなければいけない。

 

しかし、なかなか面白い経験をした。

過去にイエローナイフからカルガリー行きの飛行機が飛ばず、日本人観光客100名ほどが慌てている状況を見ていたからなのか、今回だいぶ冷静に考える事が出来ていた。旅の経験値とは、たくさんの観光地に行った事がある事だけではなく、どんだけイレギュラーの経験をしたのかが重要だと感じた。結果的に良い経験ができた。

 

今回の教訓

1. 大前提として旅行者全員が予定表を持ち、重要なフライトの時間などをチェックする
2. 事前に国際電話できる携帯を用意しておく(万が一会社に休みの連絡しなければ行けない時とか)
3. クレジットカードを複数所有し海外キャッシングできる物を持っていっておく(延泊時の現金確保の為)
4. ある程度の英語を話せる様にしておく。(共通語である英語は必ず必要)
5. 緊急時のサポートサービスの番号を確認しておく。(今回ならクレジットのコンシェルジュサービス)
6. イレギュラーを楽しむ。(つまり冷静に妥当な判断できる余裕を持つ。焦っては何も上手く行かない)

 

 

(写真は帰りのPieachのトイレ。吸ったらあかん!!やって。こういうところがPieachの好きなところかも)