はじめての香港旅行「予想以上に○○だった!!」

はじめての香港旅行「予想以上に”汚かった”!!」

先日仕事+旅行で香港に初めて訪れた。渡航前の情報は狭い土地に密集したビル、多民族で金融と映画の街と言う事ぐらい。

 

よく中国人が日本に訪れたらまず、「街がきれい」「親切」「時間通り」「衛生的」「空気が良い」など良い話を見聞きする。その意味が今回の旅で少しわかった気がする。その体験を下記で紹介(グチ?)する

 

ある大衆食堂で壁にゴキブリが大量にいる所で食事!!

2泊3日の旅行の中、仲間と夜食を取るため町中の平屋で屋根が崩れそうな、いかにも地元民が行くような大衆食堂に行った。夜21時で人が多く賑わっていた。おおよそ100人は超えていそうな雰囲気。周りは凄くうるさく、隣に座っている人に話かけるのに声を張る必要がある。

 

注文したのは、空芯菜と炒飯とエビの炒めた物と牡蠣の炒め物を頼んだ。残念な事に着席した場所や料理の写真を取り忘れた。それほど自分の中で凍り付いていた状態だった。余裕はほとんど無かった。

 

まず案内された先は店(というかトタンの平ガレージのイメージ)の奥の隅の席。近くにテレビとその下には段ボールが積まれていた。壁にはメニューとポスターが多く張られていた。

 

ある仲間がみんなの注文を店員に伝えてくれた。料理を待っていると、ふと壁のポスターの一部が動いた気がした。よく見てみると長さ2センチほどのゴキブリで有ろう様相の虫がいた。1匹ぐらいならいるよな〜と思っていたが、ゴキブリの気配と言うかなにか異様なざわつきを感じ周囲をチェックした。

 

まず壁に大きなA0サイズ2つ分ぐらいのメニューの上のポスターが剥がれかけていた。そこからゴキ達が出入りを繰り返して天井と行き来きしていた。そこから自分は膠着状態。足下を確認するもゴキ達を視認出来なかったが、テレビの下の段ボール箱からちょうどゴキが出てくる所を見てしまった。そして店員がそのゴキ段ボールの中から割り箸を取り出し持っていく・・・・(ここで内心叫んでました。「マジで〜!!!!」って)。

 

そんな中料理が運ばれてくる。 もうこの時点でこの料理の中にゴキ達が紛れ込んでいるのではと疑ってしまう。しかし仲間は料理を食べ始めるので私も食べる。

 

炒飯めっちゃ美味い!!! 今までの膠着した状態から一瞬解放された気分になる。その後も運ばれてくる料理はおいしくおそらくゴキは入っていない。と思う。

 

特にゴキからの直接の被害は無かったが、周りの現地の方は普通に食事を楽しんでいる。衛生面的にどうよ??

 

若者も女性も年配も多くの方がいたが、当たり前見たいな雰囲気で食事を楽しんでいる。あり得ない・・・

 

この大衆食堂で満腹になったが疲労感でどっと疲れた。

 

別の日に別の場所で夕食を取ったがそこはきれいな所だったので場所による。過去に行った台北の感じだろうと思っていたが、今回予想以上の”汚さ”により人生経験過去最高”汚さ”を更新したのである。

 

今回の大衆食堂での経験は辛かったが、比較的に香港は興味深い街である事に間違いない。これだけでは嫌いなにならない、また善い方々にも出会えた事もあり全体的に香港は自分にとって好きな街になった。

 

※ただこの大衆食堂には2度と行けない・・・