海外でよく忘れて困る英語フレーズ vol.1

海外に興味がある日本人が多くなってきている。

 

海外に行くのに航空券も安くなり。国内の地方の片田舎に行くより海外に飛ぶ方が早く目的地に着いたり身近な旅行となっている。そこで大きな壁が言葉だ。英語は世界共通語であり「旅行」をする上で最低限の英語が必要になってくる。

 

今回は実際に英語でなんと言えば良いのか困った事例を元に取り上げたいと思う。

 

レストランでのチップの渡し方

チップは日本に無い文化の為、スムーズに渡しづらい。

大抵下記の2つの方法になると思う。

 

1. 食事した代金+チップを合わせて渡し、おつりは要らないと言う方法。

2. 食事した代金のみを支払い、チップをテーブルに置いておく方法。

 

そこで「おつりは要らない」は英語でどう言えばいいのか??

 

“You can keep the change” 「おつりは取ってていいです。」

 

これを言えば通じます。

小銭ジャラジャラさせるのが嫌いで計算が苦手な私はある程度多めに払って

“You can keep the change”と言います。

 

それではまた次回!!